育毛剤 効果で選ばれるのが、キャピシル配合育毛剤です

キャピシルの育毛能力はミノキシジルの3倍と言われている

今まで私は育毛剤の購入にどれだけお金をつぎ込んできたのだろう?

でも、ミノキ以外はどの育毛剤を使っても、産毛すら生えてこない
ミノキを使えば、てっぺんだけに産毛は生えてくるが気休め程度
ミノキを休めば、産毛も消えていく
額はどんどん広くなって
年々抜け毛が増えていって、今では額の縦の幅には指が4本入るのを通過した

 

育毛に可能性を失った今、髪の毛を全部剃って断念?

 

でも、つるっぱげになる勇気が出せますか?
最後の最後に試してみる育毛剤成分にキャピシルが残されていました。

 

あなたも、同じような体験をしているのならば
キャピシル配合育毛剤、この育毛剤でだめなら自毛植毛を選びましょう

 

キャピシルの育毛効果は天然由来成分なのに、

ミノキシジルの3倍

最後の砦を試してみませんか?

 

キャピシル配合育毛剤期待度ランキング

 

フィンジアがキャピシル配合育毛剤の最も販売数の伸びている製品です

 

フィンジア

 

フィンジアの注目される点をチェック
キャピキシル配合(5.0%)
ピディオキシジル配合(2.0%)
カプサイシンを配合
10種類の毛髪成分を配合
定期購入の縛りがないため、1回で解約可能
定期購入価格が競合商品中最安値

 

育毛剤フィンジアには現在最も注目される育毛成分のキャピシルがメインの育毛成分として限界濃度(5%)で配合されています

 

さらにキャピシルに加へて、ミノキシジルに分子構造そっくりなために、ミノキシジルと同様の効果をもたらすといわれる天然成分由来のピディオキシルまで追加配合(2%)されています。

 

ここまでチェックしただけで、キャピシル配合育毛剤ならフィンジア以外に考えられないと思いませんか?

 

こんなに期待のできる育毛成分を高配合した育毛剤はフィンジア以外に存在しません
あとに説明するDeeper3DとTHE SCALP 5.0Cもかなり期待のできる育毛剤ですが、その期待値の高さではフィンジアには及びません

 

育毛成分のほとんどが天然成分由来なので、副作用の心配もほぼ考えられません

 

フィンジア公式サイト

↓↓↓↓↓

キャピキシル配合のスカルプエッセンス フィンジア

 

 

最も老舗のキャピシル配合育毛剤がモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dです

 

モンゴ流から販売されるスカルプエッセンスDeeper3Dは、安心して使える日本製(男女兼用)の育毛剤です。ミノキシジルの3倍の育毛効果を持つと言われるキャピシルを世界トップクラスの濃度で配合して、さらに、頭皮・頭髪に有用な8種類の成長因子とモンゴロイド3大伝承成分をはじめ、合計36種類の有用成分が配合。

 

そんなモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dが今年(2017年)の5月に大きくバージョンアップ!
これまでの育毛成分そのままにさらに強力な育毛成分が追加されたのです。

 

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dに新配合された育毛成分
リデンシル5%

2014年に、ドイツのハンブルグで開催された化粧品原料展示会「インコスメティック」で銀賞を受賞した育毛成分
リデンシル単体でアピールする育毛剤も販売されています。

 

DeeperRシリーズは性別や年齢を問わず使える製品です。
>>公式サイトはこちら<<

 

 

今だけ、定期購入初回50%OFF(半額)で試すことが出来ます
定期購入の縛りが2回ですが、もし気に入らなくても初回半額ですからそれほど金銭的ダメージはくらいませんね
2回分で14,980円
新育毛成分「キャピキシル」を配合した無添加・無香料ザスカルプローション【THE SCALP 5.0C】現在の育毛製品の主成分となっている「ミノキシジル」や「M-034」を超える新育毛成分『キャピキシル』を贅沢にも5%以上配合した生える育毛剤ですキャピシルに加え再生医療でも注目されている「再生因子」を含む41種類の有効成分も配合しています。医師も髪の毛が生えると証言するプラセンタも配合
【THE SCALP 5.0C】は育毛剤にありがちな「ベタつき」や「不快な香り」などがないので、仕事に行く前に塗ることが出来る育毛剤で、育毛のみならず、ユーザーのことを考えた育毛剤です。
>>公式サイトはこちら<<

 

 

キャピシル解説動画(英語)へのリンク

今までの育毛成分の定番ミノキシジルとその副作用

キャピシル以前の育毛成分の定番ミノキシジルとその副作用についてお話します
キャピシル配合育毛剤の使用をおすすめしているのが当サイトの基本ですが、副作用の可能性の危険も考慮できるならばミノキシジルとプロペシア(フィナステライド成分)を共に使って脱毛治療効果を高めることもできます。発毛剤そして脱毛を改善する成分で多くの人に知られているミノキシジルと共に脱毛治療剤であるプロペシア(フィナステライド成分)を一緒に服用する方法で効果を高めることができます。この意味でキャピシル育毛剤を使用する場合もフィナステライド成分を含有する育毛ドラッグを併用する方がキャピシル育毛剤単体で使用するよりも効果的であると推定されます。
フィナステライド成分を利用する製品のうち、日本で広く知られた製品はプロペシアです。この製品はアスピリンのように成分名より製品名が有名になっています。
まずミノキシジルの詳細を調べてみましょう。

ミノキシジルの効果・効能は?

ミノキシジルは直接髪の毛母細胞に作用して、細胞分裂を活性化させて、髪の毛の成長を促進する役割をします。
ミノキシジルは本来は血圧降下剤でアメリカで開発され使われていたものでした。ですが、使用中の副作用で全身に毛が生える多毛症状が現れて、その原因を探している間に頭皮の臨床実験で増毛効果が証明されたため、結局脱毛症に効果があるということを知られるようになりました。
この成分は脱毛治療剤でアメリカFDAから承認された成分です。ミノキシジル配合育毛剤は一日2回6ヶ月以上長期的に塗らなければなりません。治療効果は2〜3ヶ月後から分かるようになります。有効含有量1%であってもゆっくり効果も現れるといいます。 低濃度であれば、もちろん副作用の確率もそれだけ少なくなることになります。
ミノキシジルは女性の頭頂部の脱毛にも使用可能な成分です。 ですが、含有量を低くして使うべきで副作用の確率も男性に比べて高いといわれています。ミノキシジルは脱毛が進行している頭頂部にだけ効果があって、額のヘアーラインには効果は確認されませんでした。 現在ミノキシジル使用時に成分含有量を男性は5%、女性では3%で使えば良いという通念があります。
ミノキシジルは処方せんなしで薬局で購買可能です。日本では大正製薬のリアップが薬局で販売されています。

ミノキシジルの副作用

頭皮に小さい斑点や炎症が生じることがあります
初期脱毛現象がくることがあります

(初期脱毛とは、太い髪の毛が出てくる前に髪の毛がひとまず先に抜け落ちる現象です)

持続的に使わなければ再び髪の毛が抜ける現象が現れることがあります
長期使用する場合、血圧に影響を与えることがある

ミノキシジル成分は今でも血圧薬で使われている血圧降下剤です。 長期使用する場合、血圧に影響を与えることがあります。

妊娠の可能性のある女性と妊婦は絶対使用禁止

ミノキシジルで脱毛を効果的に治療するには飲む脱毛治療剤であるフィナステライド成分と共に服用した方が効果的です。

フィナステライドとは?

フィナステライドはアメリカFDA承認を受けた成分で世界60ヶ国以上で販売されている脱毛治療剤です。 この成分は処方箋が必要で、男性型脱毛にだけ使う治療薬です。女性の脱毛には使いません。フィナステライドは本来前立腺肥大症治療薬であり、服用患者の発毛副作用が観察されて、その後男性脱毛治療剤で開発されました。
この成分もミノキシジルのように使用を中止すれば太くなった毛髪でも新しく出てきた毛髪は再び以前の状態に戻ることがあります。 したがってホルモン異常による男性脱毛には着実に服用しなければならないと知られています。フィナステライドは脱毛を起こす成分を体内で抑制されるようにして脱毛を治療します。この時、一緒にミノキシジルを並行して使えば、ミノキシジル成分が発毛因子を刺激して発毛を促進する効果を高めることになります。ミノキシジル成分で発毛を促進させて、フィナステライド成分は髪の毛が抜けるのを防止します。この成分がミノキシジルで発毛した髪の毛が産毛の段階で消滅するのを防止します。フィナステライド(プロペシア)の効果・効能を期待できる年齢は18才〜41才とされている男性型脱毛治療剤です。
髪の毛の抜け落ちる程度と速度を顕著に減少させて、髪の毛を太くする効果があって、一層豊かな頭皮の状態を作ります。

キャピシル配合育毛剤コラム